5/10 イナンバ釣行しました〜 

船宿は西伊豆土肥港の「とび島丸」。

ここんとこイナンバでキハダがバリ食いしているもので満船。

この日は11号船と新しく就航した18号(両方とも大型19トン)の2船出し。

といっても大型船で片舷六人だったからかなり余裕たっぷりなんですけどね。

こういう時に大型船2船は嬉しい。

さて、チームサンゴ堂は6人。

夜12時半に土肥港集合で1時出船。

土肥〜イナンバは片道約4時間半。

ゆっくり走っているせいもあるんだけど。

とび島丸では最近は早く出船してゆっくり走る心がけをしている模様。

そのぶん、船も叩かないし、落ち着いてゆっくり寝ていられるので体は楽よね。

速い船もいいけど。

バッコン!バッコン!叩いて走られると眠れやしない。

とび島丸ではこの「叩く」というのがまずない。

時化の時なんぞこれやられると体が10cmは浮くからねー

中途半端な2時、3時に出船してぶっ飛ばしていかれるよりは個人的には早く出てゆっくり寝ていきたいのよね。

 

さて、イナンバには6時に到着。

久々にみるイナンバ。やはりかっこいいね。

これは昨日ではないけどイナンバの画像。

昔はもっと大きな岩だったけど、太平洋戦争時代に艦砲射撃の的となっていたためにここまで崩れてしまったとか。

いまだに岩肌には砲撃の痕が残っている島。

釣りを開始したが、、、、とにかくこの日は潮が速い速い!

約3、5ノット。時速でいうと7キロくらい。トローリングできそうなくらいですわ。

 

巻いたコマセがバンバン流れていってしまうような状況。1流し、2流し、3流し。

沈黙が続く、、、、こりゃ、、、、やばいな。こんなはずでは、、、、

そんな苦戦状況の中。一緒にいったT君にヒット〜〜!

うっしゃ!

上がってきたのは25キロ位。ここ最近は30キロクラスがバリバリ上がっているだけはある!

 

その直後。今度は私にもヒット!ジェット機のごとくラインが一気に100m唸ってでていく!

うっほ!止まらん止まらん!

しかし、ここでトラブル。直後に食わせた人と私、そして横にいた船でかけた人の3人でどうもお祭り。

やっべ!!!

結局は普段は外れることなどないクッションゴムのスナップがお祭りで糸が絡んでしめられたせいだろうか?

何故か外れてしまい痛恨のバラシ。

こうなると1日リズムが狂うね。すぐ仕掛けチェンジして、直後もう1発食わすも今度は50mはしられたところで、ふと軽くなり。針ハズレ。

船長さんごめんなさい〜

 

結局、最後の1流し目に一緒にいったW氏が見事にキハダを1本ゲット。

船中2本と残念な結果でしたが、一緒にいったお客さんが2本とれたのでまーよしとします。

自分だけ釣ってお客さん坊主というのもこれもまた辛いですから〜(言い訳すなって?)

 

満船の中でも一緒にいったメンバーがとっているので仕掛け、餌、システムは間違ってないとおもうけど。

来週はまたリベンジだな。

 

ということで今日はまったくいい見せ場なく