6/7またもや銭洲にいってきました。

6/1から朝6時からのゼニス海域で泳がせの餌取りが解禁になったもので、この日は朝6時から赤イカ釣り開始。

 

作っていった仕掛けは幹12号(幹間1,5m)、ハリス7号(枝50cm)の3本針仕様。明るい時間帯の赤イカはどうしても底中心なもんで針数増やしても結局、下の方ばかりなので一緒なんですよね。

3本位のほうか効率が良い。

開始の合図で1投目。着底と同時に赤イカのがサワサワと角を撫でる感触。

いわゆる「おさわり」、直後1杯乗った♪

ちょっと待つと、もう1杯。しかし、これが途中でバレる。上がってきたのは足だけ〜〜〜

 

潮がたるくて乗りが悪いのか?いい時はがっちり抱いてくるんですけどね。

たるい時はどうしても足1本が多いのでバレやすい。

この日もサワサワしてくるんだけど、バラシの連続。上クッションに2mいれてやとこさ水面まできても幹とった瞬間にバレるやつも(泣)

でかいやつは60cmオーバーもいました。マルイカ仕掛けの人はカンナを見事に伸ばされている始末。

 

針に足ばかりついてくるが、なんだかんだで小一時間の短い間で2杯の赤イカをキープして泳がせに突入。

 

1杯目の赤イカを泳がしていると、イカがシューシューと暴れた直後にガチガチガチと鋭角的な当り。これが完全に食い込まずに途中で離される。案の定、上げてくるとイカの頭のほうから半分がかじられているし。こういう当り方は真鯛ですね。ムロ餌でもそうですけど。「ガチ!」とくる。ムロアジだとほぼ頭直撃でかじってくるのですぐわかります。

 

ちなみに昨年は僕は泳がせで赤イカとムロで各1匹づつ真鯛ゲットしてます〜食い込みに30秒以上かかるの場合が多いのでガチガチと感触があった場合は要注意です。

 

残りの赤イカが1匹になったので、半分になった赤イカのゲソをつけてハリス12号3ヒロ(針ヒラマサ16号)にチェンジ。

 

これが見事に竿が絞り込まれてメダイの7キロをゲット。しかもこれが旨い赤メダイ。(青メダイより脂のってます)

ゲソに分があるなと、次は持っていったスルメイカのゲソにチェンジ。

半分に切ってちょとボリュームおさえた感じで針につける。

これにカンパチが食いついた!手応え7,8キロ。ハリス12号でやりとりするが、後ろとおまつり。

ハリスまで手繰って、カンパチの姿みたところでまつってた道糸にすれてあえなくカンパチさんがサヨウナラ(泣)

 

ここでルアーが9キロサイズのカンパチをゲット。ようやく銭洲もカンパチが回遊して面白くなってきましたね。

 

最後、大物の第一級ポイント南千波に移動。一発大物の期待こめて赤イカ投入するも残念ながらタイムアップ。

 

ちなみにイカのゲソはムロがとれない時期は特効餌になることがあります。

5年位前ですけど。これで銭洲でカンパチ29本とってます。(1人でですよ。しかもクーラー満タンで11時早上がり 笑)

この日は朝から食いっぱなし。まるでイナダ状態で足元ゴロゴロ。

とび島丸の船宿に写真飾ってありますので機会あったら見てください。

 

ちなみに前に日記で出てきた噂のG氏について6/15日発売の釣り情報でまたコラムを書きました。

G氏みてますか?「冷凍隠しザル」、、、、