暑いですね〜どうもここんとこ水分取りすぎたり、果物食いすぎたりと。おなかが、、、

 

 ぴ〜ひょろろ

 

皆様もお気をつけあそばっせ。

 

さて今週店頭にならんだ釣り情報(9・1号)またコラム書きました。

小一時間でちょいちょいって書いた原稿なんですけど。1Pって短いねー 次は5,6ページはくださいな〜♪

話はかわります。土曜日、ザ・フイッシングで僕の行ったスターマリン遠征が放映されました。

その流れで釣りロマンも久々にみたんですけど。

元々、僕は釣り番組みません。というのは、、、まったくもって

20年前やってた「われら釣り天狗」からまったく進化してない。

つまらんMC。野ヅラの出演者。遠まわしの商品アピール。

 

  思わずひっくり返しそうになりました。

 

ダイワはともかく、シマノに関していえば宣伝、広告、すべてにいえます。

よく社員に言うんですけど。どの社員も口揃えていうのが「社長の趣味ですから」

 は〜〜〜?

 

はっきりいいますと今の釣具業界は非常に閉鎖され縮小の一歩。

数年前のリョービ、マミヤが釣具事業から撤退してシマノ、ダイワの株価があがりましたか?

まったくもって上がってない。

何故なら釣り人口が減る一方だからです。それに追い討ちかける港湾法の規制、外来魚問題。原油高。カーボン素材、ガイドの値上げ。

番組作りはもっとバラエティー色を濃くしていかなければならないと思うんですけど。まーあの番組作りじゃ視聴率も5,6%でしょう。釣り番組だから視聴率は低くて良いという発想ではね。

かたやバラエティーでの釣りネタ番組は軒並み視聴率が15%以上。20%越えまであります。

僕の一緒に釣りいく友人が製作会社の社長でゴールデン番組のプロデューサーやっており、某TV局のバラエティーのスペシャル(ゴールデン2時間)で釣りをやりたいというの話がきてます。来週ロケですけど。おおかたの構成はしてあるので視聴率20%とりにいきます。

少なくとも釣りは楽しい!釣りに行きたい!こういう番組作りをしなければ底辺は広がりませんね。