アリゲーターや剛樹。うちではどちらも扱っております。

 どちらがいいんですか?

 

とよく聞かれます。


「店頭でどちらがよいかご自分の目で判断してください」とだいたい答えるんですけどね。

 

僕は基本的にはどちらに肩入れするということはないようにしていますけど。

 

はっきりいいますとモデルによって優越がある。

アリゲーターの強いモデルもある。剛樹の強いモデルもある。

もうちょと突っ込めば素材の特性の違いがある。

その活かし方の問題です。

 

これ船長さんの意見に比例するんです。

もちろん、、、

釣果にも差がでることは間違いありません。

 

船長さんがいいという竿は良い。こういう竿は積極的に勧めています。船長さんから駄目ダシされた竿は僕も薦めづらい。

その船宿いって「なんでタケちゃんこんな竿売りつけたのよ〜」と言われますからね。

 

売れればOK!

こういう商売はしたくない!

 

今流行りのライトタックル泳がせ。これについては明らかに剛樹が先行していると思います。

竿作っている本人がスタンディングを極めているせいもありますけど。

こういうのが竿作りにテキメンに現れている。

 

人間のパワーなんて知れたものです。ゴツイ竿では体力がもたない。

あ〜〜〜〜のされる〜〜〜〜という時に、ぐいっと竿が曲がってくれる。

こういう竿は楽に魚があがってきます。

 

僕がスタンディングやりはじめた頃の竿はまだ持っていますが、棒竿ですよ。

でも、当時はそういうもんだと思っていた。魚に走られバットが跳ね上げられて胸を強打。

 

 

これで肋骨2回ヒビいってます

 

 

棒竿もトカラや小笠原みたいな釣り堀ならいいでしょう。カンパチのサイズでかいから食い込みなんぞ考えなくてよい。

でもゼニスみたいな微妙なカンパチとムロアジのサイズの場合は話は別。

 

せっかくムロアジをくわえても「ぽい!」とはなされる。

よっぽど上手くないと何度でもはなされる。

 

こういう穂先が堅い竿は感度も悪い。ムロアジがどっちに逃げたいのか?ムロアジが小さければ小さいほどわからなくなる。

 

 

泳がせの棚は「ムロアジに聞け」

これ基本。

 

 

ムロが下に下に逃げたがる時はカンパチは上に。上に上に逃げたがる時は下に。

 

ムロアジが暴れていても

 

カンパチにおびえているのか?

底を見て嫌がっているのか?

 

これは微妙に違う。初心者が起こしやすい間違い。

 

「お〜暴れている!暴れている!」 

はい10秒後に根掛りのパターン。

 

そういう感覚を養うにはトップの感度が大切。

このくわえても話さない柔らかさと、トップの感度の両立。これが難しい。

 

 

僕の尊敬する大船長が前に話された言葉。

「釣り堀いくらいってても釣りはうまくならん」

僕も同感です。

 

竿の話にもどりましょう。

アリゲーターでいえばオリジナルモデルの「カンパチJr.」これは良い。奇麗に丸く曲がる。

最近でいえば剛樹のGハンティング18LT。これも奇麗に丸く曲がる。

よくカックン!と90度に曲がる竿をみかけます。安いムク竿に多いですけど。

先端柔らかく、腰強くを簡単に出そうとするとそういう竿になります。

 

こういう竿は折れる。

ムクでも折れる。

とにかく折れる。

 

ムク竿は折れないは間違い。折れにくいですけど。

安いムク素材はネジリに大変弱い。

 

 

某船宿ではもう13本折れているという話を聞きました。

僕も目の前で3本折れたのを見ました。

90度に曲がる竿はネジリが入ると一発ですね。

 

アリゲーターもクレイジーバトルでなんとか挽回しようとしています。

正直、うちのカンパチJr.のコピーと思いましたけど。

別にそれはそれでいいです。

いいと思う方向が同じだったことが僕はうれしい。

 

最後にもう一度いいましょう。

僕は本当に自分で使いたい、いい道具を売りたいだけです。