日曜日からの小笠原遠征を前に、昨日の水曜日近場にいってきました。

中深場のクロムツ釣りです。これは夜釣りなんですけど。もったいないから午前はアオリイカ。

都内を出たのが夜中の3時過ぎ。

5時位には内房は金谷港の「さえむ丸」に到着。久里浜〜金谷を結ぶ東京湾横断フェリーが目印です。

アクアラインと館山自動車道のおかげで内房、南房方面は本当に近くなりましたね。

1週間前だと7〜8杯という釣果出してたんですけど、ここ1〜2日は低迷。

港出て走ること3分。

海はべた凪。風はほぼ無風。

タックルは竿はアラモード20をちょと改良したアオリ竿。これが絶品!

ムク素材なもんで腰がしっかりしてトップも柔らかい。

しかも価格は普通の半額以下でできる。どう改造するかはご来店の時にでも聞いてください。

リールはスマック100R。100Lといつも両方もっていって右舷左舷で使い分けします。

道糸は3号100m。

アオリなんか1〜2号でしょ?と思うでしょう。僕も最初は1号でした。

野毛屋の親父さんに言われて3号にしてからはもう3号しかつかいません。

書くと長くなるからまたの機会に。

 

投入合図で餌木を投げ入れて落ちていく餌木を見ると、、、

12〜13m近く見えている。カリカリの澄み潮ですわ。

 

しかも潮が動かんので船でちょこちょこ引っ張っている状態。

 

嫌な予感、、、、

 

 

 

開始1時間で不安的中。たまに顔を出すのは小型のスミイカのみ。

 

こうなると餌木のカラーがどうじゃらと別問題。

こういう日は乗らんものは乗らん。

 

2〜3時間もするとね。

昨晩から一睡もしていないのでスイマー

 

いや、、、、睡魔が、、、、

 

ここまで顔を出したアオリは1杯。

竿を投げ出し1時間ほど爆睡。

目覚めて再び真面目にやること30分。

やっとこさ800g位のアオリを掛け、アオリ1杯 スミイカ2杯。

餌木は アオリーQのゴールドサクラダイ4号。

ここでアオリのうんちくでもしたいんですけど。書き出しと止まらなくなりますから(笑)

また別の機会に。

ここでは「船アオリ」では釣りたければ餌木は必ず「アオリーQ」を使いましょう!

とだけお話しておきます。

 

アオリ釣りもここまで。夜釣りもあるし、、、と見切りつけ、お役ご免とあとは時間まで爆睡でした。

一度、上がって今度は昼飯を食べながらちと離れた内房勝山港に移動。

船宿は萬栄丸。夜釣りのクロムツじゃー定番船宿さんですね。

電源はもちろん、電子レンジ、ポットも装備。

 

特に冬場はこのポットがあるかないかは死活問題になります(笑)

4時に船は港でて、約1時間ほど走ります。

タックルは竿はGハンティングライト200、リールはダイワ メガツイン750に新素材8号を600m巻いてあります。

仕掛けは針はムツの17号、ハリス7号60cm、幹10号の1m。

夜キンメの仕掛けそのままもってきてしまいましが、ムツの場合はハリスは長目がよいです。

短いと型が小さくなる。

針数は3本。最初4本から始めましたが、結局途中から3本に。

 

当たりは前当たりのあと竿先を叩くように派手にでますから一目瞭然。

ここのクロムツは喰ったら全速で巻き上げる。とにかく全速。

 

 

口切れしない魚ですから問題ありません

遅ければ遅いほど鮫に繋がる。サバにもやられる。

釣果がのびない人はこの鮫、サバの猛攻にあう人。

巻き上げが遅いリールほどつかまる。

 

メガツイン750のハイスピードで全速ですから、ムツの気持ちになったら「逆バンジー」でしょう(笑)

 

 

針数が3本というのは意味がある。

水深約90mとにかく浅い。喰ってメガツインのハイスピードですからあっという間に船縁に到着。

とにかく「手返し重視!」。

 

針数5本もつけてサバが全部食った日にはどうもこうもならないですからね。

あと針の交換。だいたい1本、2本かけると針先が甘くなる。

こうなると、当たりだけで針掛かりしない。

替え針はたくさん用意して1〜2本で好感したほうがほうが良い。

回りがボコボコ上げてて自分だけ喰わないのはそのケース。

最後に餌。船宿でサバの切り身をくれるが、一番くうのは釣れてくるサバを切り身にしたもの。

光が違うのと、一番が餌持ち。抜かれにくくなる。

船宿の餌だと当たりがあって餌だけ抜かれるのが多発したが、新鮮なサバは餌持ちがよくとにかく当たり〜針掛かりまで一気にいってくれる。

出刃包丁は必ずもっていくように。

結局持って行った35L(シマノ)が満タンになるまで釣って約30本。

3人揃ってクーラー満タン!

帰りはコンビニに走って氷補充して帰りました。

 

ちなみにクロムツの干物は絶品!

今宵は干物造りに励みますわ。