いよいよGWに突入しましたね。

天気もいいし。気候も暖かい。

もう夏はすぐそこですね。










しかもイナンバではキハダマグロがバリ喰い!






これはこれは楽しそうなGWになりそうです。




しかし私は休みなく仕事です。










皆様楽しくいってらっしゃいませw








キハダマグロといえば

 これ!



魚の引きをカンパチを重戦車にたとえるならこちらは新幹線。





とくにこのキハダマグロ。食ったときの走りは魚の中では横綱クラス。








僕はカジキ、本マグロ、GTからいろいろ経験してますけど。

このキハダマグロがダントツです。

音速のモンスターですね。






ただし!こやつは根性ないのでどんなに走っても400mが限界。

ファーストランさえしっかりやってしまえばあとはそうは走らない。









これが本マグロやカジキと違うことです。




キハダマグロの場合、釣るにはこの走りに対応できなければいけない。

そのためには、、、、カモシ天秤です。

この全遊動の天秤。よく考えられたものですね。

だいたいある程度の青物になるとハリス切れはコマセ缶の抵抗で切れます。

ヒラマサをかけたことのある方だとわかるとおもいますけど。

あの鉄仮面が水圧でべっこり凹んであがってくる。

サニービシなんかヒビだらけ。







何がどうなっちゃったの?状態。





このカモシならどんなに魚が走ってもコマセビシはおいてけぼり。

一切抵抗がない。





よって、ハリスも極限まで落とせる。








ノーマルの天秤でもだめなわけではないですけど。

キハダの場合、この天秤の金具やサルカンで飛んでしまうケースが多い。

とにかく多い。




あと、ノーマル天秤の場合はコマセビシの予備は忘れずに。







わたしはノーマル天秤で1日4個もコマセビシ吹っ飛ばしました(笑)







音速のモンスター。

釣るなら今です!








あ、、、、でかいクーラー忘れずに!