5月23日。オオカミフィーバー冷めやらぬ中、、、銭洲に出撃してきました。






銭洲の場所をもう一度おさらいしておきますね。



ちょうど、大島ー利島ー新島ー神津島の一直線のラインの延長上にあります。




イナンバと御蔵島の位置関係も頭にいれておいてください。(ここ重要テストにでます)












この日乗ったとび島丸18号船。









昨年から就航した弟の鈴木健司船長の操船です。

今年がVIPベッドが4人分増えてます。さらに快適になってます。


狙いはシマアジ五目。


今年の銭洲はシマアジ調子いいですからねー


11号の鈴木忠文船長はこの日はイナンバに向かってます。
こちらの狙いはキハダマグロ。
これも、ここんとこ坊主なしの絶好調!



海はベタ凪です。











銭洲につくと水色が暗い、、、、おまけに、、、潮がたるい、、、、










危険な匂い。。。。。。。








水色が暗いということで、、、、定番のこの仕掛けでスタート!





どうも潮の流れ悪くトロトロ潮。

いつもならバリバリ食ってくるメジナなどもポツリポツリ。



開始早々に、、、、ゲッチュ!














当然、食った時に「オオカミがきたぞ〜〜〜〜!」と叫ぶのも忘れてはいけません。










後半は、水色が暗いながら若干澄み加減になってきたので仕掛けをチェンジ!






この仕掛け、とにかく銭洲のシマアジと相性が良い。





こういうトロい潮の時はもう置き竿ですよ。







シマアジ専用竿というのは竿先固め、胴が柔らか目が基本。

わざと竿先が跳ねるようにしてあるのがポイントなんです。


置き竿にしておくと船の揺れでポツリポツリコマセが出ていきます。



すると無人君の竿がゴツゴツ、ゴツゴツと当たってくる。






まだまだ〜〜〜


そこでは合わせたらだめ。







竿がギューン!と絞り込まれたらあとは一定のスピードで巻いてくるだけ。








手持ちでやっているとどうしても早合わせになってしまうのでバレる。

あまりにも凪の時はコマセがでにくいのでたまに竿をちょこっとあおってコマセを意図的にだしてやる。

シマアジ天秤使っているとコマセ管と仕掛けの距離が短いので、その場でコマセを振り出してやればOKです。




同行した銭洲2回目のS氏も見事シマアジゲット!







結局、この日は食いが渋い中でも同行のM君と私で仲良くシマアジ4枚づつゲット♪










 気分は、、、、、、こんな感じ






シマアジ黄色いでしょ。

この黄色いシマアジは脂が乗っている証拠。

今年の銭洲のシマアジはとにかく旨いんですよ〜


シマアジの他は、メジナ、イサキ、ウメイロ、イシダイ、カンパチ、アオダイと晴天の中、五目釣りを堪能してきました。





しばらく銭洲巡礼の旅は続きそうです。