本当は今晩からスターマリンでベヨネーズ&スミス遠征に行く予定でしたが、前線の影響で若干の時化が予想され、中止となってしまいました。





ちょっと、、、、残念!








さて、このまえの6月27日は駿河湾の由比港からタチウオジギングにいってきました。

お客さんから紹介された船宿さんなんですけど、、、




昨年、何回か出船予定していて、お客さんがいないとか、、、

船の修理とかでなかなか縁がなく、ようやく今回乗船が実現したわけです。


富士インターから降りて15分くらい走ったところが由比港。



今回、おじゃましたのは「海生丸」さん。


この船長、、、、



なにやら「パーフェクト男爵」と呼ばれるお方らしい、、、







頭の中は想像が膨らみます。












「パーフェクト男爵」?????





 こんなのか??









??????







 


こっち系か????












それとも???








????????














まさか!!!










おっかなびっくりで港向かったら、、、、






優しい気さくな おっちゃんでした (笑)









さて、この日は平日にもかかわらず12人の満船!




ここで、富士の猪俣釣り具店の息子、「角太郎」君発見!









以前、彼とは某船宿さんの懇親会で一緒になったことがありまして、、、


奇遇ですね。










隠しておりましたが、、、、、






わたくし、、、、









タチウオ釣りは初めてです。













しかもジギングときたもんだ。











急遽、前日に決まったもので、、、、






用意したジグは、むか〜し買った60〜80g。

メタリックサーディンとかブランカなど。中にはギバスなどもある。




一応、釣具屋ですからねー

針は全て鋭いモタイプに変更。

今のルアーは針の鋭さが違う。

ここ数年、針の鋭さはものすごく進化してます。

古いルアーの針は要交換!




タチウオにはアシストフック有利とのことで、Wスナップでさらに3本イカリをつけます。



リールはスマックに道糸はPE3号100m。

竿はアオリイカの固めのタイプ。



まー船中見渡してもこんな乞食っぽいタックルいないわけで、、、、





この釣りでは先輩の「角太郎」君に簡単なレクチャーを受け釣り開始!








さすがに彼は上手いねー



こちらときたら、、、朝一からフォーリングでは何発かとるも、巻きではゼロ。

一気に釣果が離される。







これって、、、、巻きがなってない!







しばらく角太郎師匠の釣り方を見て技を盗むことに。


いろいろポイントを教わったり、、釣り方を見守ること10分。










「よし!」





この時点で角太郎君はすでに8本。私は4本。

「ダブルスコアやん。。。」









しかし!!!!


ここから怒涛のラッシュ。









巻きで面白いくらいに乗る乗る♪







気がつけば14対13で逆転♪


ここからマッチゲームみたいに競り合って最後の最後でするりと16本目ゲットで竿頭♪

しかし、角太郎君は15本で2番手。





さすがです。






今回は、角太郎君の釣り方から多くを学ばせていただきました。





この日は潮が澄んでしまい、タチオウ釣りにはあまりいい条件でなかったみたいで、、、


船長からも「ごめんねー ごめんねー」と何回もアナウンス。


昨年はトップ200本という日もあったらしい。


普段だと裾でも30本くらいはいくらしいけど。



タチウオジギングの大切なことは、、、、、、




速巻きの中での確実な間合い。









あとはリーディング中のラインの角度。

この日は船下に糸が入ることが多く、こういうときは追いが悪い。




面倒でも1キャストごとにジグは投げる。









とにかく投げて一定の角度というか、、、竿のシャクリに対して、ジグが反応しやすい角度をいかにキープするか?

だらだらと巻いていてはだめ。





メリハリある巻き。







特にタチウオではロングジャークは意味なし。

超ショートジャークで、ぴゅ!ぴゅ!ぴゅ!と一定のリズムを刻む。

ここにポイントがあると思います。




ジグもちーと平べったく。なるべくアオリが強いタイプがいい。

流行の細長いのはあまり向かない。







一言でいうと抵抗を感じるちょと昔タイプのジグのほうが向いているってこと。









ちなみに男爵船長。

とても気さくで優しい船長さんでした。

なんというか、、、一生懸命釣らせようという気持ちがビシビシと伝わってくる。












こりゃ面白い、、、、、、






またこようw