昨日は7月7日 七夕でした。

何年か前にトカラ列島に年5回ペースで通っていたころのこと。

あるべた凪の静かな晩にアンカー打って沖泊まりしていました。




周囲は360度見渡しても灯ひとつみえない海上。



その日は月夜でして、、、







この月夜というのは非常に明るい。


ちょっとした本くらい読めるんですよ。



まー沖泊まりといっても、、、、



だいたい深夜1時過ぎてくると何にもくわなくなってくるもんです。








風もそよそよの静かな夜だったもんで、操舵室の上の屋根にのぼってうとうと寝てしまいました。



真夜中にふと目を覚ますと、、、、





あれ???霧???







なんかぼーっと白いんです。

よく目を凝らしてみると、、、、

これが天の川。



月が出ていた時は月明かりでわからなかったのですが、月が沈んで真っ暗になったためにはっきり天の川が見えました。


ちょっと感動した晩でしたね。


もう何百、いや、何千という星がもう目一杯天空に広がっていました。


後にも先にもこれ以上の星空はありません。




話はかわります。


これも数年前に、仕事でバリにいった時の話です。


知人からバリで船宿をはじめたいので見にきてくれとの依頼。

ちょうど、メーカーの釣り番組の取材も控えていたもので、二つ返事でバリに。





海図と潮流みながら、根がありそうな場所を走りまわる。





しかし!  





生命反応が皆無。








理由は簡単。


バリにいくとかわりますが、海岸一帯、いたることろに船が並んでます。








その数何万隻というい数。

1隻はとても小さい1〜2人乗りのそのへんの木くりぬいて作ったようなカヌーみたいな船です。






たとえ小さい船でも、これだけの船が食うために小魚釣りまくったら、、、、







食物連鎖でそれを食うより大きな魚がいなくなってしまうんですね。






バリはいろいろあって、昼出港すると夕方に戻らなければ翌朝以降でないと帰港できないらしいんです。






当日の午前中にバリについて、昼から出船したもので、この夕方帰港に間に合わないので、当初の予定通り沖泊まり。


いや、、、、この沖泊まりはつらかった!






トカラなんかでは沖泊まりといっても、暗くなるのが夜8時くらい。朝4時過ぎには明るくなりますから。


実質8時間くらい夜釣りか、寝るかです。






このバリは赤道直下。 そう、、、夜が長いんですよ!








夜6時前には暗くなります。明るくなるのが6時過ぎ。 

しかも、、、アンカー打つのはリーフの内側。





なーんもつれない。











初めて海外の沖泊まりでしたからねー 

これは予想外!!!






楽しい陸の灯り眺めながらやることがない。








下手に沖合い走ろうものなら海賊もいます。(真面目な話です)





ひたすら朝まで、蒸し暑い中我慢しなければならない。









起きても起きてもまだ続く夜。











冷房のないキャビン。(ついてたけど故障中でした)





バリは観光では楽しいところですが、、、






しかし、決して悪いところではありません。


調査の甲斐あって、後日にカンナギの70キロが上がってます。








この年は3回ほどバリにいきました。





飛行機の都合で一日ひとり孤独にバリでうろついていたこともあります。





1枚2500円で売っていたTシャツをTVスタッフにお土産用として頼まれて2万円で100枚買ったこともあります(笑)

けっこう、向こうの人は計算弱いので1万円札見せればなんとかなるもんです。

彼らが半年は遊んで暮らせる金額ですから。



「ミー メニー メニー バイ! オール1万円OK? トゥーエクシペンシブ ミー ネクスト ショップ ゴーよ! ユーアンダースタンドか?」












値切る簡単な英会話です。ここテストに出ますのでよく覚えておいてください。








私の経験では世界各国。アメリカ、ドイツ、スイス、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、インドネシア、中国などなど、通じない国はありません! ただし、フランスでは無力でした。ご注意ください。




これをマスターしたあの! あの! 鈴木忠文船長が

中国では半日、一人で放置しても見事な叩き買いをしておりました。








全国から喜びの声が届いております。









土肥のT丸 TSさん。「わたくし、これで両手いっぱいの買い物と幸せをゲットできました。ありがとうございます!」

ペルーのKさん。「デカケルトキハ ワスレズニ ツカッテ マース!」








ビリーズブートキャンプよりは役にたつこと請け合いです。







それ以外でもバリの観光案内や穴場には詳しくなりましたので、、、、


バリのことならなんでも聞いてくださいね(笑)






本日の、たけ店長のサバイバル英会話はここまでです。