暑いですねー







都内はまるで燃えるような暑さです。





暑さ厳しい中8月8日。銭洲に出撃です!

午前2時半。いつものように土肥港から「第11とび島丸」は南に南に、、、






ベタ凪の中静かに進んでいきます。








だいたい7月や8月というのは海が一番静か。

一年で最も凪が多い時期です。





そうそう、マイ救命胴衣もかなり広まってきましたね。

釣り教室に参加されてくる方もだいたい持参できていただいてます。






自分の身は自分で守る。

これはアウトドアースポーツの基本です。









さて、船は6時過ぎに銭洲到着。

回りにも4,5船 既に到着して餌のムロアジ釣りを開始。




この時期、チビムロは水面でもとれます。

さっそくチビムロ竿で「ハネ釣り」開始!






ちなみにチビムロを効率よくとるコツですけど。

コマセはアミコマセが良い。






僕はこのチビムロ釣りの時期はいつも行きがてらアミコマセの2kgブロックを2ヶ購入していきます。




4kgブロックでもいいんですけど、、、

最初にコマセバケツにはいらないもんで、、、、







必ず2kブロックで買います。

船に乗船したら、そのまま釣り座の足元に置いておけば、銭洲到着時にはほどよく溶けてくれてます。


それを柄杓で水面にまく。




オキアミまくと粒がでかいもんで、、、、

イスズミとかデカムロとかいらんもんが寄りやすくなっちゃうんです。




チビムロは目が効くもんで、アミコマセでも十分に寄せられる。

また、オキアミは沈みが早いのでせっかっく水面に寄らせたチビムロが沈んでしまうのも理由のひとつです。

サビキは「チビムロサビキ」 これ最強です。







チビムロのべ竿での「ハネ釣り」のコツは、とにかく水面を叩く。

フライやったことある方ならよくわかると思いますけど。

この叩く動作「ぴちゃ、ぴちゃ」

これだけでムロは寄ります。




そして、この「ハネ釣り」最大のポイントは、、、、
ムロの動きでのあわせ。。








サビキの針を食う時はムロが何十匹いても必ずわかる。


仕掛けを凝視していれば、

1匹だけ急に止まったり、、、一瞬首を振ったり、、、、反転したり、、、、

必ず全体行動の中で一匹異なる動きをする奴がいます。







その時に竿を跳ね上げれば見事、向こうが引く猶予もなく、ムロは空中を飛んできます。

すぐ針からハズレますけど。



空中で外れたやつはそのままだいたい船内に飛び込んできます。











竿が持っていかれるまでわからないという場合はまだ修行が足りません。


向こうが引く前にムロの動きで合わせのタイミングを取るのが達人技です。



いわば、ムロアジが体力を消耗する前に、キャッチしてしまうのが狙い。

やり取りしたムロアジとハネ釣りでとったムロアジを一度比較してみてください。

イケスの中で一目瞭然となります。

あ、、、、ちょっと核心の話に入ってしまいましたが、この話題はまた別の機会に。








デカムロと混ざっているときはわざとコマセを別のほうに巻きます。

どうしてもデカムロのほうがコマセつまむのが強い。



チビムロはその回りにいますから、まったくコマセのない場所で餌にありつけないチビムロがぽいぽい食いついてきます。

こうなるとムロアジ釣りは奥が深い。










今回の初心者釣り教室。

チビムロ釣りの難関を越えて見事カンパチをキャッチしたのは、、、、



















じゃん! IさんとSさん。

Iさんは実に2年振りのカンパチとの再会。

Sさんは補講でのカンパチ見事ゲットです!






Tさんは残念ながらカンパチヒットにはしゃぎすぎて残り10mでばらしてしまいました。









おめでとうございます。









この日はアオダイがバリ食いでして、、、

コマセなしでぽいぽいアオダイが食ってくる。





うちの息子も子一時間でアオダイの1kサイズを20匹以上釣ってました。


餌はイカタンです。

仕掛けは8号3ヒロ3本針(空針仕様)。

ほぼ上げるたびにパーフェクト。







ちなみに息子には電動リール、巻上げ時のキーパー使用は許可しておりません。

3本針に魚1匹だとパンチ2発。魚2匹だとケリ1発。

かなりスパルタです。







このアオダイのバリ食いを横目でモロコを狙っていたTさん。





モロコゲッチュ!






ちょい小振りですが、、、、、




このサイズ、、、すっげーうまそう、、、、、








思わず、「その魚毒があるから!俺のクーラーにいれときなさい!」


と言ってしまいました。











ちなみに、遠征船の暑さ対策ではとにかく水を飲む。

それと、、、、、水をかぶる。



僕はウーロン茶のペットボトルをかぶってます。

これ船長からのお薦めですけど。






顔や体の汗などの油分が流れてかなりすっきりするんです!













クーラーでキンキンに冷やしてかぶるもよし。














ちょっと外にだしておいて暖めてかぶるもよし。















濡れたのが乾く気化熱でかなり涼しくなります。













ここまで行くと寒くなりますが、、、、











是非お試しあれ!












なお、チャレンジャーの方はコーラでもかぶってみてください。



アリやハエがたかるとはおもいますが、、、、