ここんとこ怒濤の忙しさ。

本来、釣り具屋なんてもんは1月、2月なんぞ閑古鳥なんですけど。

 

ありがたいことです。

 

ここんとこ新聞を騒がしている不二家騒動。

社長辞任やら毎日のように頭ペコペコ。。。

さすが不二家(笑)

 

 

失礼いたしました。

 

てなわけで(どういう訳や?)、、、

今年はまだ初釣りにいっておりません。

ここんとこお気に入りは「ヤリイカの沖漬け」 これが旨い!

12月に駿河湾で釣ってきたやつですけど、、、

毎朝、食べておりましたが在庫がつきてきました。

 

ここで、炎の料理人こと、たけ店長のワンポイントクッキング♪

 

沖漬けはタレ作りから始まります。

醤油2、ミリン1、日本酒1 を用意。

スーパーいくと1Lくらいで同じ量を売ってますから、あわせて4本かってきます。

まず日本酒とみりんを鍋にいれてぐつぐつ煮立てます。

これは日本酒のアルコールを飛ばすため。

そこそこアルコールをとばしたら醤油をいれて一回煮立ててこれで完了。

それを醤油やみりんが入っていたボトルに戻して完了。

あとは大きなタッパやビニールでもいいですから釣れたヤリイカを放り込むだけ。

 

もしビニールなどを使う場合は2重にしておくといいでしょう。

苦しまみれにイカがビニール噛みますから。

家に帰ったらタレからだしたヤリイカをサランラップでくるんで冷凍しておけばかなり長期にわたって食べられます。

 

ちなみに醤油はいろいろありますがノーマルなキッコーマン醤油が一番!

ちと奮発して昆布醤油とか高いの買うと甘くなってしまってよくない。

好みによっては沖付けのタレに唐辛子をいれたり、キムチの素を入れたりする方もいます。

 

船の上で嗅ぐ沖漬けのタレの匂いは絶品ですね。

 

しかし、、、これもイカがつれないとどうにもならないわけで、、、、

 

ちなみに当店でも常温保存可能な沖付けのタレを販売開始することになりました。

これならペットボトル入りですから、思い立ったらそのまま持ち込んで手軽に沖漬けができると思います。

すぐ入荷してきますのでもう少しだけお待ちください。

 

その他のイカの調理などを伝授された方は、炎の料理人の料理道場に入門してください。