9月26日 西伊豆 土肥の「とび島丸」さんで銭洲に突撃してきました。


9月は時化続きで出船中止やらイナンバいったりで久々の銭洲です。

秋の遠征釣りの主役といえば「シマアジ」!





まだちょっと時期的に早いんですけど・・・

今回はシマアジ、アオダイなど高級五目がメインです。

港につくと・・・船長が「今日はちょっとバタバタぜ!」


ん〜〜〜なにやら時化模様???







気合いれて出陣!





朝6時半過ぎにいつものように銭洲に到着。




久々のネープルスが迎えてくれます。








まーいくぶんドタバタしたものの・・・銭洲につけば特にウネリなし。

風は7〜8mといったところ。




7時釣り開始と同時にシマアジ狙い。



この朝一はカンパチ狙いかシマアジ狙いかでの運命の分かれ道になるんですけど。









ムロアジが多いのでシマアジ釣りしてれば自然とムロアジも確保できるだろうという計算です。









シマアジ狙いが吉となるか???

第一投目・・・・


コマセ缶着底。50cmくらい「ピュ!」と鋭くコマセを振り出すと・・・・

「コンコンコン!!!」とシマアジがコマセ缶を突っつく感触が・・・・





ちなみにコマセ缶は僕は鉄仮面の5号サイズ。
2穴空けで丁度よい。


天秤はクッション中通し天秤に、ロングライフクッションの1.8mm50cm。

神津なら1.5mm50cm使いますが、銭洲はよくカンパチがくらいつくので1.8mmを使います。




仕掛けはいつものこれ。






これにイカタンを全針につけてます。


今年は全般的に濁りがあるせいか、特にこの仕掛けは食う。








潮が澄んだときはこっちの仕掛けなんですけどね。







コンコンとコマセ缶を突っつかれる感触の中・・・・

竿がたまにズボ!ズボ!と20cmくらいしめこまれますが・・・

シマアジはこのタイミングで合わせてはいけません。








5,6回竿が小刻みに絞り込まれたあと一気にギューと竿が突っ込んだ。

シマアジは向こう合わせです。



そのまま竿を水平に構えてひたすらリールのハンドルを巻く。

ただそれだけ。






ポンピング厳禁!





よく、お店で「シマアジがバレてバレて・・・」というお話を聞きます。

ズバリいいますと・・・・

シマアジ釣りは「竿」です。




「竿先が固く」「胴が柔らかい」 これが重要。

逆の竿はよくあるんです。



竿先が柔らかくて胴がしっかりしている。

最近の五目竿はほとんどこういう調子です。

竿先が固いということはバケの踊りをよくし、コマセをピンポイントでピュ!と撒けるように。

胴が柔らかいのは口の切れやすいシマアジには必須となります。


剛樹やアリゲーターでもこういうシマアジ竿専用竿が出てます。

「シマアジがばれる・・・・」という方は一度そういう竿を手にもってみてください。







いいシマアジ竿は下手に手持ちより置き竿のほうが食います。

そういう風に意図的に仕上げてありますから。

下手に手持ちされるとコマセがでない。バケも踊らない。







若干、跳ねているように感じますがそれでいいんです。

今はシマアジ狙いでもコマセのドバ撒きする時代じゃありません。

コマセをポロポロ出しながらバケがピュ!ピュ!と誘う。

食ったら特に時化でもない限り置き竿で電動巻きでもOK。

それでもバレないように設計されてます。








まー難点といえば、シマアジ専用竿ではワラサやカツオ・メジなどでは胴が柔らかいので遊ばれてしまい、あまり向かないことでしょうか。





話はそれました。

この時期はまだムロアジが多いのでムロアジの猛攻に耐えながらポツポツとシマアジが顔をだしてくれます。

結局、シマアジ6枚くらいとったところでこんどはカンパチの泳がせ釣りに移動。

泳がせはムロアジが暴れるものの・・・・不発!






最後は、アオダイ五目釣り。


今年の銭洲のアオダイの食いは半端じゃありません。

しかも1キロサイズメインででかいし、食っても旨い!

アオダイは小一時間やってトップ20枚くらい。







ちなみにアオダイ釣りではコマセつかってません。

それでもわんわん食ってくる。

コマセ缶外してできるように100号オモリも忘れずに持参してくださいね。




アオダイなどお土産不要の方はモロコ狙い。

今年、釣ったモロコはほとんどこのアオダイ釣り中に出たものです。

アオダイ食う場所には必ずモロコがいます。







かといってアオダイをモロコの餌には使わないでください!

百発百中でサメが食ってきます。







過去に実戦済みです。

サメのサの字の気配さえない時にサメ5連発ですよ・・・・

しかもすべて30秒以内。









シマアジはこれから水温低下でムロアジがいなくなるにしたがって釣り易くなってきます。

今日から神津島でもシマアジが島周りで解禁になります。

それと・・・ステンコマセスコップは必需品です。

この良さは追加コマセがきた瞬間にわかりますw

春と違い、餌取りが多いバケ主体の秋の遠征シマアジ釣りではコマセのオキアミをいかにクラッシュするかがポイント。

そりゃーシマアジバケといっても所詮はどんなにうまく作っても作り物。本物のオキアミにかなうはずがありません。
オキアミの粒をみせたらそっちばかり食われてしまいます。



匂いはすれども粒はどこ?



これがシマアジ釣りの秘訣です。





ということでシマアジ三昧の一日でした〜