もーしっちゃかめっちゃかに忙しくてブログ更新ご無沙汰してすみません。


もー仕事かえるとこうですから・・・・







なんかね10月は台風だの時化だので釣りいけないし・・・・


そんな中、10月3日に釣りいってきました。



この日は銭洲予定だったのですが・・・

低気圧通過により出船中止。









午後から天候がよくなるというとこで・・・・

じゃー夜釣りでもいくか!ということで昨年いい思いした黒ムツの夜釣り。




向かったのは内房 勝山の萬栄丸さん。

しかし、房総は便利になりました。

館山道の全面開通により、首都高からアクアライン、館山道と一般道おりることなく一気に走っていけます。





でもね・・・伊豆いくよりはるかに高速料金が高い・・・・


なんとかしてください!  道路公団さん!









若干、吹いてはいたものの・・・


4時半に出船して船は約1時間ほど走って現場到着。





まだ回りは明るい。

釣り開始したものの・・・・





当たりもなし。













風は完全に収まってベタ凪。






やばい雰囲気。












しかし、日が落ちて、船のライトを焚くようになったらポツポツあたりが・・・・

ボツボツあたりがあり、1キロ前後の黒ムツがぽつりぽつり。






しかし実は本日は秘策あり。









昨年の経験からです。


道具箱に忍ばせた新品の出刃包丁。





途中、サバが食ったら・・・・
しめたもの。




そのサバから急いで切り身を作ったら・・・

これが大当たり!











食い渋りの中、ぽつぽつと当たって結局、黒ムツ16本。






右隣の別グループは2〜3本のお葬式状態ですからぶっちぎり〜









とにかく餌は新鮮で光良いものにはかないません。

面倒でもサバがつれたら即切り身。





しかも薄くヒラヒラさせるには新品の出刃が不可欠。

使いまわしの出刃では話にならない。

安い出刃の使い捨て。





帰ったら黒ムツは開きです。



黒ムツは脂がきついのでかなり強めに塩を振ってOK!

ちなみに開きは塩水につける付け塩と、直接塩をふる振り塩とありますが、僕は振り塩派です。

魚はやはり大小ありますから。大きな魚は倍くらい塩振ります。




塩ふって1時間ほどしたらさーっと水で塩を流します。


干すこと半日。

僕が干した日は天気がよくなかったので朝から日没まで干しました。










もちろん、、、、激旨です!