またまた台風接近です。 



そういえば、このまえきた台風の名前は「カジキ」でした。

日本が名づけた名前ですけど。


南天の星座のひとつです。

大マゼラン星雲がこの中に入っているので、天文に詳しい人ならご存知の星座です。






この赤い線で囲んだのが「カジキ座」です。

下のほうに青くなっているのが大マゼラン銀河。

約100億〜400億の恒星があるといわれてます。

その中にあるNGC2027はタランチュラ星雲。
大マゼラン銀河の中で最も目立つ星雲です。



ちなみに、わたしはどれをどうみたらカジキに見えるのか?

まったくわかりません。







ちなみに、私は中学時代は「天文部」でした。

この業界きってのロマンチストといわれる由縁となります。








決して「○マンチスト」ではありません!














ちなみに「明治座」は水天宮。

「歌舞伎座」は東銀座となります。











このあたりのネタはついてこれる方だけついてきてください(笑)











さて、シマノから新発売のトルサ。




どうなのよ?

とよく聞かれます。


前から海外モデルとしては存在していました。

ただ、海外モデルは国内のシマノでアフターが受けられないので手つけませんでした。

シマノでも「アメリカに送って修理してもらってください」でしたから。

これ仕方ないんですよね。

国内取り扱い商品でないとアフターパーツが一切おいてありませんから。

リールはこれが怖いんです。

リール=壊れる=直す。


結構、他の店で並行輸入リールを売り切りされて困ってられるお客さんがいらっしゃいました。




肝心の感想ですけど・・・・


重い・・・・んです。






最近、TICAやオシアジガーの5000など軽量モデル使っていたせいでしょうか。

ティアグラほどじゃないですけど・・・・



カタログ値は軽いんですけど。


体感です。



これは形状からきます。

リールの形状で左から見るとオシアの3000。右からみるとオシアの5000。

非対称なボディー。

ちょっとおもしろいです。

これがあの重さを誘発します。






あと糸巻きが中途半端。


12号が250m・・・・・微妙・・・・・









ハンドルも中途半端だし。



しかも値段がめちゃ高い。





TICAが2台買えます。



同じハイギヤでもオシア5000の径とトルサの径じゃこっちの方が細いので、巻きの速さはオシア5000に軍配があがります。


オシア5000は 





安い!軽い!速い! 






が売りでしたからねー




個人的な見解です。