前回のブログで駿河湾のヤリイカをご紹介しました。

ということで10月31日は駿河湾のヤリイカ釣りにいってきました。


某TV局のスタッフと一緒にいったんですけど・・・

番組の編集作業がのびて・・・・のびて・・・・

東京を出たのが3時ちょっと前。

久々の猛ダッシュかけました。








西伊豆土肥港に5時集合。

本日は「とび島丸 18号船」」です。


ここ2,3日は潮が速くなり、濁りもきつく、イカ釣りにはかなり苦戦の状況との前情報。

現場につくと・・・・

「潮が速いのでオモリ150号にしてください」とのアナウンス。











朝一はビードロ2段針でスタート。


今季発売して舵丸などで竿頭を連発して一躍有名になった針です。



隣のトモちゃんはダイヤエースの2段針でスタート。

これは昨年の傾向でも朝一のスタートダッシュにかなり強い仕掛けとして定評があります。




水深は約170m。若干深い。

朝一から状況が悪いながらもポツポツとイカを拾いつり。



しかし・・・・朝一はやはりダイヤエース強いですね。

ダイヤエースのトモちゃんがスルスルと数を伸ばし・・・







ちなみにタマゴ針を朝一から使用していたT君は大撃沈。

やはり駿河湾のヤリイカは独特の角なんです。




こちらもダイヤエースに変更。


仕掛けをチェンジしたことで、まー仲間うちはだいたい10杯は越してきたところ・・・・





なかにはまだ1〜2杯という方も・・・・







こういう方はだいたい理由がある。





角が14cmのスルメイカ用とか・・・・

夜光オモリをつけているとか・・・・

水中ランプをつけているとか・・・・

竿が柔らかすぎとか・・・・




釣れないにはなんらかの原因がある。








まず角が14cm。

乗りが良い時はいいんだけど(こうういう時は18cm直結だってのりますから)

乗りが渋いと幹糸も太いもんでテキメンにのらない。

この日は漁師がほぼ撃沈ですから。

見てても空での巻き上げばかり。

漁師は直結。

こういう時はどうやっても遊漁船には勝てません。





夜光オモリに水中ランプ。

これも活性が良い時はいい場合もあるけど、乗りが渋いような時はイカを散らすだけ。







その人だけでなく、半径10mみんな釣れなくなるのでやめましょう。







竿が柔らかすぎる。


駿河湾では盛期は真鯛竿みたいのが主流になりますが、こういう乗りが渋い時は、誘いができない。


また潮が速いと乗りがテキメンにわからなくなる。イカ竿のほうが有利。


できれば竿を2本もっていくといいです。





話はとびました。


イカ釣りも朝2時間ほどポツポツのっていたのが・・・

10時を過ぎるとしまったくの沈黙。










漁船はもう見切りつけて帰ってしまい、残りは時間いっぱいやる遊漁船のみ。


こうなると・・・・








しかし、12時を過ぎたあたりから、またポツポツと・・・・

この時間帯になるとビードロ針は強いです。





結局1時納竿の時点で僕らはだいたい15〜16杯。

撃沈の方で10杯位で、トップのイカ親父は26杯でした。




帰ってから毎日、ヤリイカ食べてますけど。

身が厚くて旨い! 









しかもこの時期で、平均30cmの最大50cmサイズです。


ちなみに僕は半数は沖漬けにしました。




今回の料理道場がご紹介するスペシャルタレですが・・・・







基本の沖漬けのタレは醤油2、ミリン1、日本酒1。

鍋に日本酒を入れて沸騰させアルコールを飛ばしてから醤油、ミリンを入れて完成。

これあくまで基本。




しかし、前に作ったらやたら甘くて、ちょっと不評。








そこで何回か試行錯誤して完成したのが・・・・


醤油1、追いガツオつゆ1、ミリン1/2、日本酒1


これを同じ容量で混ぜ合わせる。


もともと追いガツオつゆは麺つゆですけど。いろんなダシがいっぱい入っており、最近はいろんな料理番組でも醤油でなく、麺つゆで味付けするのが流行ってます。



このタレは旨い! 









カツオ風味がきいていて、仲間、船長にも大好評!


一度お試しください。







なお、昨日の情報ではまた潮が直ってきたのでトップ50杯超えとのことですけど。

ヤリイカリベンジ決定です。








はやくヤリイカ鈴なりにしたいのー