なんだかんだと今回のちょーしわりーは10日ほど長引いてしまいました。
ブログご無沙汰してすみません。




さて・・・・・・

本日の講義ですが・・・・


注目の芸人をご紹介しておきましょう!




「モエヤン」といいます。

ヤッホー ヤッホッヤッホー ヌーブラヤッホー♪

まー一度このフレーズ聞いたら3ヶ月は耳から離れんと思いますw

http://www.moeyan.jp/

ここの「INFO」から着ボイスがゲットできます♪(105円)






ヤッホー ヤッホッヤッホー ヌーブラヤッホー♪













失礼いたしました・・・・・


















HPをご覧になっている方ならもうご存知だと思いますが・・・・・・


トップページにヤフーオークションへのリンクがはってあります。


まーよく聞かれますが・・・・


「中古オークションって危なくないの???」


はっきりお答えしましょう。


「危ないです」w







全部が全部じゃないんですけど・・・・


残念なことに私を含め・・・・実際にお客さんでも何人も痛い目をみております。








いくつかご紹介しましょう。すべて実話です。



その1  フィンノール 新品を25万で落札

お金振り込んだらそのままドロン・・・

典型的な取り込み詐欺です。






その2  フィンノールライト未使用  相場6万を4万で2台購入。

お店で糸巻こうとしたら・・・・2台とも不良品。






その3  某有名ムク竿を落札

いわゆる自作されたコピー版の偽物だった・・・・一時はやりましたね。









その4 古い深場リール 相場15万を9万円で落札。

釣り場もっていったら最初の巻上げでぶっ壊れ。









その5 人気スタンディングリール

リールシート止めているボルト4箇所中2箇所がネジ山破損でガタガタ。
ロッドクランプは入ってなかったが、ロッドクランプのネジ山も馬鹿になっていた。
相場より2万円くらい安く即決で購入したが、修理代4万円。







その6 人気ワンピースロッド

ガイド1個分折れてそのままトップガイドがついていた。









その7 ワンピースロッドを安く落札。

なんと送料6000円についた・・・(個人が宅配に持ち込むとこんなもんです)









その8 鮮やかなオレンジのウェア購入

写真が手直しされていて、実際に手元にきたのがくすんだ赤。(これ私がやられました・・・)







その9 やはり大物泳がせのリール

お店で糸を巻こうとしたら・・・・ドラッグがズルズルで糸を巻くような状態でなかった・・・









その10 キンメの干物を購入

ウロコがとってなく、食べてもウロコだらけでとてもじゃないけど勘弁してよ!
クレームいれたら、お客さんによってはウロコついていたほうが香りがして評判いいから・・・・の一点張り。そんなことねーちゅーの!










その11 盗まれた釣り具が売りにでてる!

これ新聞にのってたので有名ですが・・・東伊豆〜南伊豆で釣り具が盗まれる事件が多発。
結局、犯人がつかまったのですが・・・なんと犯人は釣り具屋というあきれた話。









その12 いつも落札金額が一定金額をこえている

いわゆる2重、3重のIDを使った価格吊上げ工作。しょちゅう同じような物を出している業者によくみられます。釣り具でも自作の竿などで同じ手口を使う常習の業者がいます。
IDは無限に作れるといっても過言じゃありません。僕らはプロなのでそういう人は取引履歴見るだけで一発でわかります。







その13 評価が高い人にだまされた

これまた2重3重、それ以上のIDを駆使して自作自演でお互いを評価して評価を高めます。


そこそこ評価が20−30まで上げたところで一気に悪さしてきます要注意です。









その14 落札されたのに連絡がとれない

これ怖がってたらオークションはできません。日常茶飯事です。
オークション業者の中では横のつながりでこういうブラックリストはよく回ってきます。












まーこれ一部ですけど・・・

根本的にお店売りと異なっていわゆるノークレーム・ノーリターン原則なんですね。

僕らも出品にあたり、チェックしているんですが・・・

やはりチェックミスで落札者の方にご不快な思いをさせてしまうことも確かにあります。



オークションの特徴で顔をみず、お金を振り込む。

こういうとこから犯罪の温床になってしまっているのも事実です。


車などは正規のルートには流せない事故車、盗難車が大部分をしめます。

悪戯的に悪さをする人も多いのは確かです。いわゆる常習犯。

どんなに注意してても100件に1件はそういうのに当たります。

また1000件に1件は本当にとんでもない人に当たります。






ちょっと脅かしてしまったようですが・・・・

オークションはそういうリスクもあると

ヤフーなどで警告しているのをよく読んでちゃんと業者を選ぶのが大切です。