さて・・・今日は海賊ネタでもいきますか!


海賊といえば・・・・




こんな映画の話・・・・などと思われている方がほとんどだと思います。






ちょっとまった!




実は昨年の2007年に報告のあった海賊事件は、全世界で263件(前年比10%増)。

その中でも東南アジアが海賊多発地域として最も有名で中でもインドネシアとマラッカ海峡。

昨年は70件の海賊被害が報告されています。









また最近ではアフリカのソマリア、ナイジェリアでの発生件数が急増しており、東南アジアを抜いて世界で最も海賊発生件数の多い地域となっています。

日本でも2005年に日本船籍のタグボート「韋駄天」がマレーシアで襲撃を受け、船長含む3人が人質にとられたのは有名ですね。この年は大型豪華客船まで襲撃されています。

2006年にはアフリカでアメリカ海軍と海賊船が銃撃戦を繰り広げました。









海賊船には機関銃はおろか、ロケットランチャーまで装備されていたというのでびっくりです。









僕も数年前に、某TV局の依頼でインドネシアにいき沖釣りをしたことがあります。

某バラエティー番組で釣り企画があったのでその調査です。



簡単にいえば日本から漁船をもってきて釣り船をはじめたい・・・・というお話・・・・。

とにかく釣りがわかる方にきてもらっていろいろ見てください!ちゅーわけです。





向こうのマリーナは朝8時から夕方4時までしか出入りできない関係で、いい時間に釣りできないもんですから、滞在時間も限られていいるので、じゃー夕方でてお昼に帰りましょう!という話になったんですよ。





つくやいなや海図渡され・・・どこにいきましょう?と船長。


「え???」そういうレベルお話???




聞いてた話よりも・・・幼稚園レベルだぞ・・・・






船も新しく、GPSの使い方など僕が説明する始末。

救命ボートなどはまだ箱に入ったままだしw




時間がないので、ムロアジを現地の漁師にとってもらっておいてとお願いしていたんですよ。

一応、その依頼通り漁師のいる海岸に・・・・





僕       「本当にムロアジ確保できているんですか?」

現地スタッフ 「はい100匹くらいはいるそうです」

僕       「よかった、、、何時に何処で受け渡しですか?」

現地スタッフ 「はい今日ちゃんと約束しておりますから」

僕       「何時です?」

現地スタッフ 「時間なんかありません。今日といったら朝から海岸で待ってます」

僕        「え?朝から何時間もひたすら海岸で待ってるんですか?

現地スタッフ  「はい。そういう国ですから」



僕「・・・・・・・・・・」







指定された海岸につくと現地人が泳いでカゴもって船に・・・・

カゴ小さくない???


渡されたカゴをみたら、マアジの小さいのが15匹程度。








まーこちらとしてもムロアジでないことはある程度想定範囲内だったんですけど・・・


100匹じゃないの???と文句いったら、朝は100匹いたと現地人が両手バタバタさせてわからん言葉で弁明してます。







まーこの活き餌確保はだいたいあてにならんとこれまた想定範囲内だったわけで・・・・

現地で調達させといたイカとサバの冷凍でやるしかないな・・・



しかし・・・・買っておかせたこのイカとサバの冷凍も、冷凍解けてもの凄い匂いだしはじめているし!!!

箱の底にはなにやら茶色い液体が・・・・





なんか・・・いい具合に発酵始めているし!




これは先が思いやられる・・・・




ともあれ、海底に変化があり、かつ潮通しの変化のある場所を調査に・・・・

しかし・・・これまたどこにいっても生命反応ゼロ。


まーそれでも、一応2,3ポイントを絞って根をたたけばカサゴ類は釣れてきますが、青物やいずこ???

4時半を過ぎれば、暗くなるとアンカーが打てないので・・・

と釣りを切り上げて沖泊まりする場所に移動。

日本の沖泊まりの感覚でいたのですが・・・・

これが・・・全然違う。





とにかく夜が長い!!!






日本だと夏場は4時には薄明るくなって7時半過ぎに真っ暗という感じですよね?

しかし・・・ばっちり夜6時には真っ暗・・・・朝も6時じゃ真っ暗ですよ。


おまけに、やはり海賊が多い場所ということで・・・・

停泊したのはリーフの内側。




ちょと泳げば陸につけるところです。

ようは海賊から襲撃された場合でも泳いで逃げれる場所ですわ。




魚探には生命反応ゼロ・・・・・







まー1時間も糸たらして当りどころか気配もなければ釣りどころじゃないわけで・・・

おまけに目の前は明かりが灯る歓楽街(笑)







泳いで遊びにいってくるといえば、鮫が出るからやめてくれと・・・・

用意させていた弁当は食ったら危なそうだし・・・・

仕方なく念のためと目一杯用意させておいたバナナが食事。







これまた用意させておいたミネラルウォーターもペットボトルとかではなく、大きなビンにどこで汲んできたからわからんようなもの。

これまた念のためにと目一杯用意させておいたコーラとバナナが現在の生命線。

しかも・・・・コーラはビンだし!





用意してあった氷は1時間で溶けて暖まってるし!

飲めば5秒でゲップ!!!









揺れる船の上で飲む代物じゃねーぞごらぁ!


TVもない、ラジオもない、寝るしかない・・・








しかし・・・・既に飛行機で5,6時間は熟睡してきています。

7時過ぎに寝て・・・あー熟睡したーそろそろ朝?



と時計みればまだ夜の10時・・・・








はっきりいいます人生で一番長い夜でしたw











「釣り具だけもってきてください。準備万端でお待ちしておりますから大丈夫です!」
といったTV局のディレクターを恨みました。







なんだかんだと翌月の番組では反応が出てた真鯛っぽい反応を狙って真鯛釣りとカサゴ釣りでなんだかんだと魚を釣れる番組にはなりましたけど・・・・

一応、念のために。

現地でご一緒になった日本料理店のオーナーに頼みこまれて、もって行ったタックルや仕掛け丸ごと譲ってあげて、いくつか絞ったポイントを攻めさせたら翌月やはりカンナギの70キロがでて、写真を送ってきてくれました。




まーこれ以外でも入国の時に持ち込んだ釣り具が高いから関税と称して露骨にワイロ請求され、払う必要がないと拒否したらパスポートとりあげられ挙句の果てに事務所連れてかれて20万ふんだくられたとか・・・



これはTV局が負担してくれましたが・・・・


高い道具持ってる金もってそうな釣り客とゴルフ客はよく空港職員に狙われるそうです。








早く言えよ!!!









でもね・・・観光はすっごく楽しかった♪