どーもです!


さきほど黒潮の推移をウオッチしてましたが・・・・

今年一番という潮を発見しました。




滅多にないような黒潮の刺し具合ですわ。

潮は速かったと思いますが、駿河湾・相模湾・東京湾、房総ともよー食っただろうと思います。

ちなみに現在は・・・・





これでは食いませんね・・・






ついでですから・・・・

今日は気象と海況について勉強しましょう。






よくお客さんから、「明日はどこの釣り座に座ったら釣れる?」と聞かれます。

「あー 右前じゃない?」とか、「左胴中だねー」とか答えますが・・・





「なんでわかるの???」と聞かれます・・・・


当てずっぽうで答えているわけではありません。

「潮流」と「風向き」

これを読めなければ当たるわけがない。








潮流を読むにはここ。

3区海洋速報

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN3/kaisyo/kaikyo/sokuho/sokuho.html

タンカーなどの大型船などはこういう潮流を予め計算に入れて進路を決めます。これを利用しない手はないんです。




まず潮流です。先ほどの黒潮の流れでだいたい沿岸の潮流もよめますが、慣れるまではこちらのほうがわかりやすいかもしれません。






沿岸だけ見てみました。








東京湾の中などは時間単位にもっと詳細に見れます。

東京湾内は潮の上げ下げによって複雑に潮流が変化します。






あとは風向きですね。






基本はIMOCです!ここで大雑把に風の向きを調べます。


ここからそれぞれの場所の風向きをさらに特定していきます。

これは海上保安庁のHPから入っていけます。


http://www6.kaiho.mlit.go.jp/shimoda/kisyou/




東京湾内なら

http://www6.kaiho.mlit.go.jp/yokohama/kisyou/index.htm





潮の流れと風向きがわかれば、あとは当日の潮上、潮下を釣りモノによって選べばいいわけです。






東京湾だといつも竿頭とってくるような達人は必ず読んでいる筈です。



あと釣行計画ですが・・・・IMOCでは残念ながら向こう3日間くらいしか読むことができません。








そこで・・・・1週間先まで読めるのが・・・・



http://www.bioweather.net/




ここなら7日先の天気図が見ることができます。

天気図見てもわからない・・・・




こういう方には無理ですが、普段から天気図を見慣れている方なら一発でわかるはずです。



わからない方は意識的に見て慣れましょう。







そのうちこういう時は荒れるんだーとわかってきます。



まー1週間先ですから・・・・ハズれることもありますが・・・・







ちなみに、今年の4月1日の銭洲解禁は1週間前から低気圧2個通過の時化予想が低気圧の速度が遅くなったために見事にベタ凪でした。



しかし、目安にはなるはずです。





これは今日の天気図。

これは気象庁のHPから2日先の天気図予想までみられます。

http://www.jma.go.jp/jma/index.html


もう梅雨入りの気圧配置になってます。
梅雨前線がでてきますね。
これが上がってくると本土も梅雨入りします。



こういう梅雨前線がでてきていて、前線が南に下がっているときは凪です。





ちなみにこちらが、気象庁のHPで見れる衛星画像です。

画面左下に大型の台風が成長しているのがわかりますね。

かなり大型の台風です。

いまのところ台風への成長株はこれ1つですが・・・・

3−4日くらいで台風に成長してくると思います。

こういう台風の子供は台風の目ができた時点で台風として認定されます。








ということで、明日はキンメ釣りいってきまーす!


それでは・・・・