おはようございます。

さて! 小笠原第二弾!


東京を出たのが25日の午前10時。

途中、時化のため30分遅れで父島に入港したのが26日の午後0時でした。

そこから母島から迎えにきた秀洋丸さんにすぐ乗り換えて出船!

ムロアジは当日、到着前までとっていてもらったので・・・


イケスはムロが満タン♪








ちなみに船の片隅にあったイカ漁の仕掛けです。

ソデイカ(タルイカ)かと聞いたらビンゴでした!

このソデイカは10〜20キロ位ある大きなイカでこの時期、小笠原でもとれるそうです。



さて、乗船したらすぐ準備に取り掛かります。


竿は剛樹のニュースタンディングバイトM17の新製品!

リールはメガツイン750にウルトラダイニーマ15号を300m。

いつもなら12号でいくのですが、やはり12号だと連日の引っ張り合いには心もとない・・・・そこで15号。

なお、リールではバックアップ機でメガツイン1000にこちらは、深場の400mタチまで対応できるようにウルトラ12号を600m巻いてあります。






下のほうにビニールでくるまれているのは・・・・

ハイパーレギュレーターです。

もう、これは小笠原では必需品ですね。

ノーマル電源ではどうしてもパワー不足で止まってしまいますが、これでちょっと電気をドーピングしてやるとガンガン巻き上げてきます。








オモリは250号を使用します。これをサワラ対策で黒のビニールテープでグルグル巻き。捨て糸は20号。20〜30cmしかついてません。

ハリスはナイロン60号2ヒロ、針はインターフックのGT28号です。

今回は先糸は80号を使用しました。長さは4ヒロ。

30分ほどで最初のポイントに到着。

一昨年、爆釣した時と同じ根ですね。


期待を込めて第一投!








着底と同時にきました!











魚影の濃さは相変わらずですね。







船中第一号♪ カンパチです。







回りでも次から次へと仕掛けを下せば当たり状態。

稀に、当たらないな???と上げてみると餌がない。





そう・・・・フォーリング中にやられるパターンも多いんですよ。






S君もカンパチゲット!




  素晴らしい!









Mr.ドラコンキングことK氏も・・・・・

いいサイズのカンパチゲット!







  素晴らしい!




そして納竿間際にまたまたやってくれました!





稀に、ガンガンひくとくこいつです。

このイソマグロ70キロ位ありますが、ファイトに20分以上かかりました。



    素晴らしい!











僕も同じ位のサイズをゲットしました。


しかし、このサイズのイソマグロが楽々とはいえませんが、あがっちゃうんだから・・・・

メガツインといい、竿といい、スタンディングタックルは進化しましたね。







10年前のトカラじゃ、スーパーバトル100にフィンノール12/0でやってましたよ。 しかもラインはPE30号にハリスは80〜100号です。

それでも稀に吹っ飛ばされていたのに・・・・






しかし、このメガツイン750。 完璧な訳ではありません。

だいたい4台あれば半分は壊れます。






今回は4人の4台中、2台全壊。生存率50%。

ドラッグがおかしくなるとか、クラッチ不良くらいなら騙し、騙しで釣りが続行できるので可愛いものですが・・・

ギヤ全損の死亡です。






完全に2台がギヤ舐めしました。






生き残った2台もドラッグはいっちゃってますから、帰ってからすぐドラッグ板交換です。

ギュルギュルと異音も発生してますので、ギャも舐めるまでいってませんが、かなり磨耗しているはずです。





だからバックアップ機がいるんです。




初日は3〜4時間の釣りとしてはカンパチが船中20本位あがりました。

一人4〜5本ペースです。


船を上がったらとりあえず、母島のスーパーに向かい、明日からの飲み物を調達。






そのまま宿泊先の「ラ・メーフ」に。









本日の夕食です。







かなり洒落た感じでしょ?







可愛い箸置き♪  気に入りました。


港にいたカニをモチーフにしているのかな?







お土産に欲しくて、「どこで買えるの?」と聞いたら・・・

「浅草の合羽橋!」







「・・・・・・・・・・・・・・・・  」












続く・・・・