おはようございます。

さて! 小笠原最終報告となります!


前日の不完全燃焼を取り戻すか?と期待していたのですが・・・

8〜10M位はまだ吹いてました。


といっても、、、、


私たちには時間がないのよ!!!!






わかる人だけついてきてください。






と朝5時起きで出船です!





まずはムロ釣りですが・・・・・


これがおもうようにとれない。








風裏風裏と狙ってやるしかないのですが・・・・

水温が急激に下がったせいか?

とにかくムロがぽつりぽつり。

小笠原でこんなにムロ釣りを苦労したのは始めてです。


こうなるとカンパチ釣りはなかなか厳しい・・・・






おまけにカンパチの最高のポイントの東側には吹いて入れそうもありません。



危険な匂い・・・・・






ここで大英断!


前日、根魚釣りで面白かったので、今日も根魚狙いでいこう!ということになりました。


これなら風裏でもいけると・・・・

一昨年、いい思いした姉島まで、数ある岩影、島影を伝わりながら・・・・





まーとにかく岩・島の部類が母島は多いんですよ。
たぶん、攻めてない根は何千とあるでしょうね・・・・・




本命はこちらのクエ(モロコ)であるスジアラ。

水深40〜60Mが中心ですので勝負が早い。

ムロも死にムロでも使えるので



結果的にはこれが正解だったかもしれません。


外道はチゲ(バラハタ)で本命はスジアラにツチホゼリ。





開始早々、ツチホゼリゲット!!!









このズングリむっくりアドバルーンみたいなひかない魚ですが・・・


これが旨いんですよ!

前回の小笠原では知らずに何匹が置いて帰ってしまったのですが・・・

ハラの脂といったら上質で舌の上でとろけてくるような旨さ。

モロコやハタは目じゃありません。

たぶん、小笠原では一番旨い魚じゃないかと思います。





こちらもツチホゼリ ゲット!
間違いなく旨いと思います。






本命のスジアラです。

こちらのクエ(モロコ)ですね。

この引きが強烈なんですよ。


3本ヒットして1本上がるかどうか?の魚。

たいがいはひったくるようにヒットしてそのまんま、竿がのされて根に入られて60号だろうが、80号だろうが瞬殺で根ズレ。


もしくは、その鋭い歯でプチン!






頭くるくらいやられっぱなしの魚です。






そして最後の流しであげたスジアラ。

これは引いた!






ヒット直後の竿のリフトアップに成功。

竿をきっちり立てて竿のタメだけで引きを凌いだ船長も感心したファイト。

竿がのされて寝た瞬間にドラッグは出ていってしまいますからねー

竿を立てると、このガイドの抵抗だけでドラッグはプラス5〜10キロ入ります。

この1本で今回の小笠原遠征は幕を閉じました。








本当は翌日も釣りする予定でしたが・・・・


船長も、港の別船の漁師も「明日は無理だー」とのこと。


さて、この日は最終日ということで、島で1軒しかない寿司屋さんで打ち上げ!







もちろん、船長とノリコのせいちゃんも一緒に。

実はこの飲み中も、ほとんど「船長明日は出れるでしょう!!」

と口説きまくってましたが・・・・






そして滞在4日目はやはり吹いて時化になってしまったので、母島丸にのって父島までいくことに・・・






母島の港に見送りにきてくれた島民のみなさん。





ちなみに、船長のところの犬のマリンちゃんは堤防の先端まで走って見送ってくれたので、船中「かわいい!!!!」と歓声が上がってました。




母島〜父島はだいたい2時間程度です。



出航してまもなく船は大揺れに揺れて・・・・




外のデッキには誰もいません・・・・


同行のTさんはマグロ状態。




誰だよ・・・・昨晩、一番「船長、明日出てよー」と口説いてたのは(笑)







父島到着後、1時間ほど時間があるので昼食を食べて・・・・


こんどは父島のお見送り。







恒例で、ダイビング船が併走してお見送りしてくれます。






ちなみに、帰りの小笠原丸は・・・・・今までで一番時化てました。





もろ、斜め前からの向かい波でしたからねー



船酔いレベル7.5くらいの状態でベッドでDVD見てました。





さすがの特等でも、夕飯食べずに寝てて、夜中おきたら、部屋にあるいろんなもんが吹っ飛んでましたから(笑)


その中で、一人食堂にいってトンカツ定食くっていたS君は偉大です。





ちょっと時化で悩まされた小笠原遠征になりましたが、

イーグロー162QTなど大型クーラー全員で6台すべて満タン!

90リットル相当の大型発泡ケース2ヶ。

40リットル相当の中型発泡ケース6ヶ。

それでも入りきらない魚は全ておいてきてしまいました。


リリースしたイソマグロなどを含めるとおそらく全員で1トン以上、釣り上げたと思います。





楽しかった小笠原・・・・・





またこよう♪