おはようございます。

昨日の土曜日は、西伊豆とび島丸さんの懇親会に招待されたので出席してまいりました。





パーティーですのでビシッとジャケット着用です。














とび島丸 大船長の鈴木忠治氏の挨拶のあと、まずは鈴木忠文船長の社長就任祝いの鏡割り!











今回、ホテルでオリジナルカクテルということで ”ゼニスブルー”というドリンクを用意してくれてました♪











豪華商品がズラリ・・・・・


当日行われた釣り大会と、年間大物賞の商品です。

もちろん、当店からも協賛品が出てます。









当日はあいにくの強風のため、真鯛の部2隻での真鯛バトルになりました。

上位10吊に豪華商品が・・・・

特に上位6吊には電動リールや剛樹竿などが豪華に振舞われてました。


10位でもクーラーなどがもらえてましたから・・・・


うらやましい・・・・







会場は基本的にバイキング形式です。

料理は食べきれないほど出ました。










会場の4箇所に大型プロジェクターを設置して、アップテンポな音楽に合わせて1年間の獲物、ファイトシーンが流れていきます。




来場のみなさんも、自分のシーンが画面に映し出され、盛り上がっていました。
まず、ほぼ全員映し出されます。




そして各部門の発表に・・・・

磯の部門いれると長くなるので、船部門だけちょこっとだけ紹介。







2009年キャッチされた真鯛の総数1539枚。


よくカウントしたものだ・・・・・・汗



まー2日に1日の割合で出船したとしても1日に約7枚です。





その中で年間チャンピョンに輝いたのは・・・・











じゃん! 10キロジャスト! お見事です。

とび島丸さんでは毎年、この10キロサイズが上がってます。

この毎年、10キロクラスの真鯛が上がっている船宿さんというのは、このとび島丸さん以外、聞いたことありません。


関東屈指というか・・・・日本でも3本の指に入るのは間違いないでしょう。










真鯛チャンピョンには当然ながら・・・・・剛樹の真鯛竿特別仕様バージョン。


竿の説明をしているのが剛樹 弦巻氏です。









土肥が何故、真鯛が安定して釣れ続けるのか?


やはり真鯛の稚魚放流の成果があると僕は思ってます。

真鯛というのは、放流しての定着性がいい魚なんですね。

昨年1年間、釣りにこられたお客さんの真鯛放流基金への募金額の総額が166344円。

これで10000匹の稚魚放流ができました。

1匹約16円なんですね。 50円募金すると3匹の稚魚が放流できます。

是非、皆様も真鯛放流に目を向けていただきたいと思います。





そしてマグロの部。





マグロは今年555本です。

出船回数が少ないわりには異常な数。

日に50本以上という日もありましたからねー

特に昨年は3月にイナンバで大型のキハダマグロがよくつれました。








マグロのチャンピョンです。









ヒラマサは本数少なかったですねー 御蔵島が上発だったからでしょうか・・・・






といっても猛者ぞろいのとび島丸。

さすがチャンピョンはこのサイズをとらなければなれません。








もろこも少ない年でした。カンパチがいい年は少ない・・・・
カンパチが駄目な年はもろこ狙うしかないですからね。









といってもさすが、チャンピョンはこのサイズです。










カンパチは良い年でした。

特に10キロオーバーのカンパチが良く出た年だったと思います。


とび島丸は別吊 ”かんぱち丸”というくらい、特にカンパチにはいれこみが強い船宿です。


その頂点を極めたのは・・・・・













じゃん!















そしてなんといってもカンパチキングはこれ!

8.19 チームサンゴ堂であげたモンスター。

久々の30キロオーバー!

ファイトタイム19分。もちろん、フルスタンディング。

目黒区 たぐっち があげたこの1本!

もちろん、昨年度のゼニス記録でもあります。








喜びいっぱいのたぐっち・・・・

うっすら涙が・・・・










そしてMVP賞の発表!

この賞の選考基準は単に一番でかい魚・・・・


という訳でもないですから・・・・


前評判では ”真鯛の10キロだろ・・・・”という声もありましたが・・・







やってくれました!  一発屋 たぐっち!

お客さんというより、親友です。









発表のスポットライトを浴びた瞬間!

左にうつっているのは、酔っ払って偉そうにしている ”ともじろう”








特にこのカンパチは長さ155cm。痩せていたので31キロですが・・・・

普通なら40キロサイズに相当する長さです。


そして19分というロングスタンディングファイトがその受賞の理由。l



商品の剛樹 スタンディングバイトS17 プラチナ箔特注仕様をもらい喜びの、たぐっち・・・・









実はカンパチの部は、昨年もチームサンゴ堂でゲットしております。

昨年に続く連覇はお見事!














そしてお決まりの 豆州 和太鼓。








迫力ある演奏が膀胱をいつも刺激してくれます。

ついトイレにいきたくなってしまう・・・・w










この頃になると宴もたけなわになってきて、絶好調のジャイアン氏 (右)








左はからまれまくり、ドン引き中の剛樹 弦巻氏。

ちなみに、弦巻氏は酒は一滴も飲めない下戸であります。

バナナとコーラを愛するという可愛い一面があります。
















人が太鼓の写真をとっているといきなり横からあらわれた満くん・・・・

酔っ払ってます・・・・・











ということで満くんのベストショット!

まぶしい・・・・











MVPをとったたぐっちに、芸能人の ”嵐” をつれてこいと絡む 真由美さん。





















ということで・・・・西伊豆の夜空に一晩中、あちこちで悲鳴が聞こえたことは言うまでもありません・・・・