おはようございます!

すみません!すっかり無沙汰日記です。


忙しいピークの10~11月を超え12月になってやっとひと段落といった感じです。

まー冬場といえば、イカ親父ですよ。






ということで12月8日にヤリイカ釣りにいってきました。

西伊豆 土肥港のとび島丸では、12~1月の間、ヤリイカBATTLEを開催しています。



この間に3回の釣行のヤリイカの総数でヤリイカキングを競いあいます。

この3回はいいとこ取りですから、乗船が多ければ多いほど有利です。



3回もいけない・・・・という方でも参加できます!








1回の釣行の数だけでもうまくバリ乗りの日にいけば上位陣に食い込めます。





さて、午前4時に土肥港に集合。

静かな海の中、とび島丸18号は出航!








この午前4時は中途半端かもしれませんが、船はトロトロ走って船室のベットで片道約2時間ちょいは睡眠がとらせてもらえるので体的には凄く楽なんですけどね。





よく房総方面などに釣りにいくと中途半端に港5時集合で、お昼まで釣りしてそのまま帰宅・・・・
というパターンがありますが・・・・


これが眠い!







冬場にラーメンでも食べて走り出そうものなら、走り出してポカポカとお日様の暖かさをうけて、もうコックリコックリzzzzzz

自分もヒラメ釣りなど、帰りに居眠り運転で、気がつくとセンターライン越してはっ!という経験があります。








皆様も居眠り運転だけは気をつけてください!





さて、ヤリイカ釣りに戻りますが・・・・

この日は、前日の駿河湾の石ノ花海の釣果がイマイチだったもので石廊崎まで走りました。

現場海域に到着すると当たりは漁師船がいっぱい!




こうなるとやる気メーターは急上昇です。






しかし・・・・しかし・・・・

朝の5投入は連続してサバ!








うまく仕掛けが下りた人にはイカがポツポツ・・・

ここで14cmの直結仕掛けにチェンジ!

これが功を奏して、全員がサバに捕まる中、涼しい顔でスルメイカをポツポツとゲッチュ!

自分、沖漬けが大好物なもので、喜んでスルメ釣っては沖漬け造り♪


スルメも15杯くらい釣ったところで船中見渡すと・・・・

なんとヤリイカは自分一人だけゼロ!


危険なにおい・・・・











ここで14cm直結にヤリイカがポイポイのってきたところで11cmのブランコ仕掛けにチェンジ!

ここで連続して5~6点掛けをして一気に挽回♪








ご存知だと思いますが、西伊豆ではヤリイカは11cmの2段カンナ 7~10本針が基本。


しかし、この日は端物が多く、着底して多点掛けを待っているとバシバシヤリイカを抜かれる状態。









たぶん、ツノ鮫かなんかだと思うのですが・・・これが本当に凄い!



おわってみればトップやヤリイカ29杯スルメイカ12杯。









自分はヤリイカ20杯にスルメイカ21杯。

なんだかんだとヤリとスルメ交じりで30杯以上は釣っているんですけどね~

端物とサバの猛攻の中、交じりでも41杯も釣っているんですけどね~


前半、スルメ釣りに興じ過ぎました(笑)







でも楽しかったからいいんです♪



まーイカ釣りも30杯以上釣っているときはとりあえず、下ろせば何やら乗ってくるような感じでして・・・・

天気の良い中、一日存分にイカ釣りを楽しむことができました♪




ちなみに当たり角は・・・・やはりケイムラ・薄ブルー・薄ピンクの薄系御三家カラーに集中してます。

種類でいえば、やはりダントツは、おとと針!次にダイヤエース。やはり強い!

石ノ花海では強いDUETの薄系もよく乗りました。

ちなみに、DUETの濃い系は乗りません!この濃い系のカラーがあるからDUETは乗らん!と言われちゃうんだと思います。

石ノ花海で束釣りいくようなときは、ダントツでこのDUETなんですけどね~




濃い系のカラーはサバに捕まりやすかったですね。

いまの時期ならツノはオール薄色で作ってもいいと思います。



しかし、同船していたお客様で、サバの被害にあわずにブランコ仕掛けでひとり涼しい顔で仕掛けが下りていた方がいました。








ちなみにこれ!










ちなみにこの髭じゃありません!





危機一髪ということでは、ある意味では間違ってないとは思います。










この楽しい、とび島丸ヤリイカBATTLE 1月末までは行っております。

参加費は200円!

上位陣には電動リールから剛樹、アリゲーターの竿など豪華商品が大盤振る舞いされます!








当店からも駿河湾特注10本用ポリカステン投入器を協賛しております♪



それでは・・・・