おはようございます。

いやいや、ゼニスのカンパチ喰いまくってますね!


今朝もお客様が乗っているものですから・・・・


釣れたか気になって船舶電話に電話したら・・・・


10時過ぎの時点で、既に船中10本!


もちろん、その方もカンパチゲットしてました。


1本とれば帰り道も楽しく帰ってこれますからOKです!












たけ店長、ゼニスは???  とお思いでしょう。


これがね・・・・












いつも出撃する、毎水曜日ごとに吹いてくれますわ・・・・


今週の水曜日もいまのところ、予報で9時から12時の間で10~12mは吹く予報。

しかも潮と喧嘩する東の風。


この東の風というのが・・・結構、海が荒れる・・・・






しかも雨・・・・・・・











日頃の行いが悪いのか?














何かの祟りか???















心改めて精進したいと思います。










さて・・・・


先週の水曜日はゼニスが悪天候で無理ということで・・・・







バイク(自転車)でちょっと長距離走ってみようかと・・・・



朝7時に起きてとことこと走り出す。







世田谷の自宅から狛江に出て・・・・


多摩川を超え・・・多摩ニュータウンを超え・・・・橋本に。


ここから津久井湖に到着!











写真でわかるかな?

台風の豪雨の余波ですね。


茶色に見えるのは全てゴミ。

津久井湖は湖中、一面、流木や木材などで埋め尽くされております。








さて・・・・この津久井湖はまだまだ序章でして・・・・







ここから道志川沿いの道志道へ。


一路、山中湖を目指す!

















津久井湖から1時間位走って出てきた標識。










まだ、あと42km・・・・

まー平地なら1時間半の距離ですが・・・




ほとんど登り坂。

平にみえるとこでもゆるやかな登り坂。


巡航30km/hも 20km/hから10km/hまでどんどん落ちていきます。




基本、往路は9割が登りですわw




最高点の海抜1100mを目指し、ひたすら登っていかなければなりません。
















道志道入り2時間位走り続けたとこで見えてきた富士山

写真、中央奥にうっすらと・・・・








まだまだあんなに遠い・・・・・


















道志道は道志川沿いに走る道で、常にせせらぎが見え、癒してくれます♪


しかし・・・・どこまでどこまでも続く果てしない登り・・・・




ひたすら登り続けて・・・峠の頂上の約10km手前にある道の駅です。


最後の急な登り区間に備えて、休憩してたら、けっこう話しかけられ自転車できてるとビックリされましたw












登りの連続なので半分はダンシングという立ち漕ぎで・・・・



ここで最高点に到着! 


自分で言うのも何ですが・・・意外とあっさり到達しました。


裏ヤビツの方がきつかった・・・・


まー実業団チームの重鎮の方にダンシングを習い、うまくなったからでしょう。








このトンネルを抜けると、一気に下り坂、標高差100mを猛スピードで山中湖まで下ります。


でも・・・・帰りはこれ登るんだよね・・・・汗



あまり下らないで!!!




といっても結構下る・・・・























山中湖で一応、お約束の証拠写真♪


湖畔はもちろん、さくっと1周です。


といっても1周 13.5kmありますが・・・





山中湖の往復だけでは200kmに足りないので・・・・

10kmほど離れた忍野八海へ。




ここで、近道したはずが・・・・迷子・・・・











これが余計・・・・



小一時間ほどロスしてやっと忍野八海へ。









証拠写真をとって、時間がおしているので予定していた食事もとらずすぐ帰路へ。




休憩し過ぎたかな?


時間は午後2時・・・・ 




日が短くなってきたので、帰りは下り基調とはいえ、道志道は街灯がないので夜は真っ暗。


しかも、この日は月は新月。月明かりもなし!


パンクなど予想外のトラブルなども想定して早めに道志道を抜けないと・・・・




自分のバイクには対向車用に存在を知らせる小さなLEDが点滅するだけの、ろくな前照灯しか装備してない。

ロードバイクは軽量化のため、照明設備は反射板すらついてないんですよ・・・・



途中で日が落ちたら本当に洒落にならんので・・・


急いで山中湖まで戻り、美味しそうな、ほうとう屋を横目に走る走る。














お腹空いたが、コンビニで羊羹を買い込み、むさぼりながら走る。



日が落ちるまではなんとか相模原を抜けたい。







下り基調とはいえ・・・・道志道は帰り道もけっこうアップダウンがある。

道志道 最大の難関のきつい坂は帰り道に待っている。




往路で気持ちよく下ってきた坂。




帰り道は平均時速50~60km。


登り坂さえなければ車、オートバイとかわらんスピード。











しかし・・・・寒い! 半袖、短パン姿で、日没近い標高1100mの峠をこのスピードで下っていると体温が一気に奪われる。




ガタガタ震えながら下る下る。

途中、自販機でHOTを見つけは体を暖める。











相模原まで戻ってくると、帰ってきた~~~という感じ。


受ける風も幾分、暖かい。





足はまだ残っているので帰りの尾根幹を40~50km/hの猛スピードで駆け抜け・・・・


家に帰ったのが午後7時過ぎ。


家に着く直前で走行距離198kmだったので近所を走り200kmジャストで打ち止め。













走行時間は約9時間半。(休憩除く)

平均時速 約20km/h


まー半分登りの峠にしてはまずまず。








いいトレーニングとなりました。


ということで・・・・





富士五湖は自転車でいける!


実証されました。














次ぎはどこ検証しようかな???