おはようございます。

GWはいかがでしたでしょうか?

わたくし・・・・もちろん・・・・仕事でしたが・・・・何か?






GW入ってすぐ、仕事場のパソコンが朝いきなり立ち上がらなくなりまして・・・






これにはまいりました・・・・・





大明神の祟りか?????







自分の仕事、パソコンがないとなーんもできん。

だいたい1年でマウス新品をぶっ潰すくらいですから。

1日に何千クリックするかわかりません。

ということで・・・・






急遽、パソコン注文を注文して・・・・・

連休後半はパソコンの移行作業でてんてこ舞いしておりました。

















さて・・・・釣りのほうですが・・・・丸1ヶ月以上・・・・

ゼニス解禁したというのに・・・・


相変わらずいけてません。









この画像、何回使ったことか・・・・・







こちらは行く気満々ですのですが・・・・

やれ・・・時化だの、人数集まらないだの、仕立て入っているだの・・・・

出鼻くじかれるとテンションが下がります。











そんなこんなしているうちに、キンメが食いだしてきたので・・・・

先にキンメになるかな?みたいな感じです。

キンメはこれから7月にかけてノッコミがはじまり、産卵前の最も脂の乗る季節になるので逃さないようにしてください。

ただし、刺身ではもう食えないくらいの、めちゃめちゃの脂の乗りとなります。












そんなこんなしているうちに、ゼニスで赤イカ泳がせカンパチがはじまりました。




初心者でもカンパチがゲットできる可能性が高い釣りです。

ムロアジ餌みたいに腕の優越がでないんですね。










悪く言えば、・・・・出会いがしらみたいなもんです。










良く言えば・・・・誰にでもチャンスがある。










 

逆にベテランほどハリス長くしたり、棚探りまくって嵌る場合もあります。







よって、そういう赤イカ泳がせは嫌うベテランの方もいらっしゃるのは確かです。

赤イカ泳がせカンパチは安い釣りではありません。

赤イカは1杯1500円から2000円位。







これを一人最低5杯から欲言えば10杯ほしい・・・
 

船宿によって価格は異なります。 日によっても変動することがあります。


いわゆる時価です。

通常の船代プラス1万円はみておいてください。


ただし、1杯の赤イカが即、1本のカンパチに変わる日もあります。







また、自給自足作戦として、早朝からゼニス近辺で赤イカを釣って泳がせを釣ることもあります。

バリバリ爆乗りということは経験上からないですが・・・

だいたいトップ5杯〜7杯前後・・・もちろん丸坊主の日もあります。

こちらは赤イカの仕掛けを忘れずに!


また、赤イカの模様が悪い場合は即、サバ釣りに変更になる場合があるので、サバ用のフラッシャーサビキは用意しておいてください。

中型のムロアジが混じる場合は中ムロサビキを使います。






最近は漁師から赤イカ仕入れられた日は船中カンパチ10-30本と安定爆釣しております。

もちろん、残った赤イカはお土産で美味しくいただけます。

赤イカ分、カンパチ釣ったら食べられませんが・・・・・・(笑)











赤イカ泳がせ釣りの場合は必ず孫針付の泳がせ仕掛けを使ってあげてください。

ちょっと水深があるとすぐ弱って死んでしまいますので。



あと、何の本だか誰が書いた記事みたのか知りませんが・・・・

水管に針を刺す方がよくいます。


高価な赤イカを素早く殺したい方は試してみてください(笑)









 

また、出船前日の夜に時化ていると赤イカ漁ができないため赤イカは入手できません。

赤イカ漁出ていてもとれてない場合は同じく入手できません。

これだけは自然相手なもので・・・・予めご了承くださいね。