4週連続の釣行となってしまいましたw

ある意味、この西風が吹きまくる季節に4週連続凪というのは神がかってますw



やはり時計の威力でしょうか???w


さて・・・年空けに中深場釣りの取材があるのでその前乗り釣行。

小坪港の太郎丸さんです。


オサレな逗子マリーナのところにあります。


今回同行したのはインターフックの渡辺社長と、G氏、自分での3人です。
ちなみに、インターフックでは深場釣りの針は作っておりませんwww





予約乗り合いですが・・・平日でも満船でした。
人気あるので土日はかなり早めから抑えておかないととれない船宿さんです。

何故に人気あるのか?

足を運べば理由はすぐにわかります。




非常に綺麗に整理整頓されている。

ただ綺麗なだけな船宿はいっぱいありますが・・・

あて木、付けエサ、タオル、マグネット、バケツは当日の乗船人数に合わせた各釣り座の間隔に綺麗に並べてセッティング。

置いてあるものが曲がって置かれていない!(たまたま自分とこだけかもしれませんが)

あとは一歩も動かずにキーパーつけるだけ。

座席もおそらく、前日の船洗いのあと、真水でちゃんと流してあるみたいですね。


お客さんの使いやすいように心配りされているのがよくわかる。
早く来て揃えて何度もチェックしたのでしょう。

簡単なことなんですけど、これを毎日毎日きっちりやっている船宿さんは見たことありません。



ウオシュレットは当然ですが、さりげなく自由に食べられるカップラーメンがおいてあったり、コーヒーがあったり、暖がとれる温水パイプが張めぐされていたり。




まさに「おもてなし」という感じでしょうか。




さて・・・  ギリギリで到着した電車組らしきお客さんを待って綺麗な朝焼けの中を出港。

今日は深場五目。 ポイントまで約1時間位。






ホームページではアコウ五目と書いてありますが、キンメ五目です。



仕掛けは自作していきました。 幹16号 1ヒロ 、ハリス8号 80㎝ 5~10本針ということで自分は10本針です。


付けエサは用意されてます。 
持っていく必要はなし。


もの凄く丁寧にカットされてます。自分で切ってもここまで綺麗にできないだろうな・・・
細く長めに、身も薄く・・・

明らかにキンメが食う餌です。