11月8日(日) レース当日。 長らくお待たせしておりましたが やっとスタートラインに立てそうですwww

トライアスロンの朝は早い。

オフィシャルのシャトルバスは4時に本部のあるホテル発。 ということは遅くても3時には起きなければならないw
トライアスロンのロングのレースはだいたいどこもこんな感じです。

ぐーたら親父どもは・・・金の力にもの言わせる。 



そう・・・タクシーで会場までいっちゃえ! そうなると・・・4時半にホテルでればOK! 1時間遅く起きれる!
ということで起床は4時。

しかし・・・寝るときにおかしなヒツジがあらわれてから、もう2時くらいから目が覚めては寝るの繰り返し。 寝ても寝ても時間にならない・・・



結局、3時半には起床。  前日夜に買い込んでいた朝食を食べる。
4時半にタクシーを呼んでいたので、そのままスイム会場までGO! 
これは正解だったかも。 4人で250元 一人250円ですよw  やっす!


会場つくまで悩んでいたのがウェットの着用

一応、オフィシャルの発表では水温25度。 基本ウェットなしの水温なのですが・・・
なにせ台湾人は水泳が苦手w

というか・・・アジア圏で学校で水泳授業があるのは日本位.
ということで、スイムはウェット着用は「オプション」


自分も着用のつもりでウェットもっていっていたのですが、朝会場ついて、自転車のエアチェックしてたら、まだ真っ暗だというのに顔に玉のような汗w

まー見たことないような綺麗な海ということでノーウェット、海パンのみ。

速さ的にはウェット着用のほうが速くなりますw 体浮きますからこれ当然!

しかし男のパンイチスタイルを決行!ほとんどの人はウェット着ているが・・・・


スイムは5秒感覚のウェーブスタート、だいたいの時間で3分割。 その中で前いこうが、後ろいこうがはそれぞれの判断で。
真ん中のグループの前のほうに入りました。 1時間15分のグループ。

スイムは浜辺から5人づつスタートします。 この方法だと強烈なバトルにならなくていいですね。
優勝狙うような人は最前列いけばいいだけだし。

そうでない人はスイムバトルにならなくて本当にいいと思います。
国内のロングレースもこの方式を採用してもらいたいものです。




スイムは1.9㎞を2週回。

ほんと海水が綺麗で気持ちいい。 5m位離れて泳いでいる人もよくわかります。
自分がコースそれそうになっても横の人との距離を気を付けていればヘッドアップ必要なしw
これだけ楽なスイムはないんじゃなかろか????

特にバトルなく、水のむことなく・・・気持ちよく上がって1時間29分w  


ガーン!!! ロングレースで一番気持ちよく泳いだわりには最も遅いタイムwww 


一番早かったのが最初のバラモンで1時間10分位、この時は女子エイジトップとほぼ同じにスイムアップ。

2回目のバラモンで1時間15分ですから・・・年々遅くなってますw

まー気持ちい時点で (*´Д`)ハァハァ してないのですから当然か?www




これはスイム練習のしなさすぎw スイムは捨ててほとんど練習してなかったですからwww

最初のバラモンときは週4回、毎回3000mは泳ぎこんでましたw
ちなみに今回はスイムは週一に軽く1500m泳ぐ程度w 反省・・・


しかしエイジ29位。(48人中) そんな悪くない順位。気を取り直していこう。



余裕のVサイン! (このあと後ろに転んで他の人に助けられたのは内緒w)



さて次はお楽しみのバイク!



しかし、この日バイクには予期せぬトラブルが・・・ ガーミンのパワーメーターが反応しない!!!
来る前に念のため電池は交換してきている。 前日も動いていた。

しかし、朝、トランジット会場きたら反応してない。



嫌な汗かいて何度も試したのだが・・・(この汗がノーウェットを決めた要因でもあるのだがw)
こういう場合は仕方ない! なるようになる! メーターは見るな! ということで、わざとメーターを見えないような角度にしてしまったw

スイムアップは一緒にいったIさん、Mさんとほぼ同じ。 多分同じ位だろうと読んでいたのでこれは想定範囲内。スイムをトップグループで上がる7CHは10分 以上前にいっただろうなぁ・・・ 後方にはSくんと、Rさんがまだ泳いでいるはず。

Mさんは一足先にバイクスタート。
自分はIさんとほぼ同時にバイクスタートラインに。お互いに健闘を誓いありバイクスタート。


普段の練習から見てもどうせIさんは序盤からグングンいくだろうなぁ・・・と、年の功でIさんを先にスタートさせドリンク飲みながら1分ほど時間おいてスター ト。

序盤はアウターの一番ローからスタート、これは練習でもやっているのと同じ。 
軽いギヤで体をほぐし、ケイデンスを上げる。500mごとにギヤを1段づつ上げて。

Iさんは案の定、グングン序盤からあげているので、もう視界にはいない。 おそらく30-40㎞位で追い付くと判断。
序盤の坂が終わるのが7㎞位の地点なのでそこまでは軽いギヤでクルクル回す。坂の頂点を超えるあたりからアウタートップまであげて追撃開始。

だいたいは下りはみんな足止めるのですが、自分は高いケイデンスでガンガン回す。 時速70㎞近いペースでこの下りだけで一気にごぼう抜き。





今回の作戦は平地で休んで、坂で頑張る作戦。 佐渡とは真逆。